「にじいろのせかい」

 

2014.3.18「にじいろのせかい」

 

今日は雨模様。

近くの川に鴨が浮かんでる、雨が水面に波紋を広げてる、アスファルトの濡れた感触、梅の花から滴る雫、、、

 

どれもみんな優しくて、美しくて、そんな世界の中にいる自分が、とても大事にされているような、とても愛されているような、この上ない幸福感に貫かれる瞬間があります。

 

世界を肯定することで、世界も私を肯定してくれるような。

言葉もなく頷きあうような、鏡が光を反射するような。

 

小さなもので箱庭を作るとき、枯れ枝や小石や種といった小さなかけらからこそ、大きな世界がよく見える場合がある。

そのとき私もその一部になって、すべてと調和されているのを感じます。

 

世界が私をそっと包むとき、あまりの優しさに胸が苦しくなる。

無条件の大きな愛情に、小さな私という自我は打ち震えて、ありがたくて申し訳なくて、ただ涙が溢れる。

 

幼い頃に感じていた世界との一体感は、もっと漠寂であり泰然とした心地がしたけれど、今はもっと色鮮やかで鮮烈な痛みを伴う虹色の愛情。

目に触れるものすべてが、深い慈しみを持って語りかけてくれる。

 

私とそれらの存在が、根本では同じものでできているということが、涙が出るほどありがたいです。

 

 

迷ったけれど、この世界に生まれてきてよかった。


※こちらには過去のブログを移行しています。