夜明けの美術学校ともしび,トザキケイコ,tozakikeiko
夜明けの美術学校ともしび

トザキケイコ

岐阜県在住。
枯草がただ風に揺れている姿を見て、自分もそんな自然の循環の中にありたいという気持ちから、2007年より枯草や種、米粒や古道具などを使った作品をつくりはじめました。
2016年よりピンに糸をかけて幾何学模様をつくる手法も取り入れて、海で拾った板や、蔵に眠っていた古道具などに糸をかけています。

古いミシン糸、友人がお蚕から育てた絹糸、草木染めの糸などを使い、数をかぞえながら古びた板にひたすら糸をかけていく時、小さな場所であかりをともすような、息をひそめていのりをささげるような、そんな穏やかな気持ちになります。